Ishimaru's ブログ

2021.11.04
住宅豆知識

ウッドデッキってメンテナンスが必要なの?


人気のウッドデッキ


新築・リフォームの際に要望が多い【ウッドデッキ】

リビングからふと目を向けると、ウッドデッキが広がる先に芝生の緑がまぶしい庭が…。なんて家に憧れませんか??

今日はそんなウッドデッキのメンテナンスについてご紹介します。


ウッドデッキはメンテナンスが必要


ウッドデッキは無垢材(天然木)でできているため、定期的なメンテナンスが必要です。

メンテナンスをしないで放置していると、色あせや腐敗・虫食いなどが進んでみるも無残な姿になることも…。そんなことは避けたいですよね?

天然木のウッドデッキは、基本的に仕上げの時に表面に塗装を施します。

この塗装が雨や太陽の紫外線から木材を守る役割をするのですが、年数が経つにつれて塗装が剥げ、効果も薄くなってきます。

ですので、定期的に再塗装して、ウッドデッキが傷むのを防ぐことが必要になってきます。

目安としては、5~6年に1回くらいの頻度で再塗装すると効果的です


日々のお手入れも忘れずに


また、日々の手入れも忘れずに行うことで、きれいで長持ちさせることができます。

砂埃を掃除したり、雨が降ったら水分を拭き取ったり、汚れが付着した場合はシミにならないようにすぐにきれいにしたり…。

こういった日々のお手入れが、ウッドデッキを長持ちさせる秘訣です。


メンテナン不要なウッドデッキがある?!


ウッドデッキは手入れが大変そう…。どれだけ素敵な場所でも、メンテナンスが面倒でどんどん寂れてしまった…。なんてことになったらもったいないですよね。

そんな方におススメなのが、【人工木】のウッドデッキです。

人工木とは、樹脂と木材を混ぜて作られた素材で、天然木と比べて雨や太陽光、虫に強く、腐ったり色褪せたりしないので基本的にメンテナンスが不要で、ほったらかしでも長持ちします。

また、人工木は一般的な天然木よりも価格が安いのもうれしいポイント。

暖かみや肌触りは天然木には劣りますが、最近の人工木は天然木と見比べても違和感がないくらいのリアルさになってきています。

汚れてもサッと拭きとれますし、日々のお手入れもラクチンです。


メンテナンス以外の注意点


ウッドデッキは日当たりのいい場所に作られることが多いため、近所の野良猫の寝床になってしまう可能性が…。

また、ウッドデッキの下に動物や蜂などの虫が巣を作ることもあり、気づけば動物のフンや虫の死骸だらけ…なんてこともあり得ます。

特に害獣や蜂が住み着いた場合は危険が伴いますので、動物除け・虫よけ対策は必須となるでしょう。


まとめ


以上、ウッドデッキのメンテナンスについてご紹介しました。

せっかく素敵なウッドデッキを作ったのに、手入れをさぼって見るも無残な姿に…なんてことになるのは寂しいですよね。。

監理が難しい場合には、人工木を使用することで、メンテナンスフリー・ストレスフリーなウッドデッキを作ることができますよ。

天然木の自然の魅力を取るか、人工木のメンテナンスフリーの魅力を取るかを比較して、導入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

福井県坂井市で家を建てるなら、三国町の工務店『石丸ハウスセンター』へ。

注文住宅・新築・リフォームはもちろん、住まいのお困りごともお気軽にご相談下さい。

【ずっと側にいる、という安心。】

徹底した地域密着主義で私たちがお届けするのは、「安心」という価値です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆