Ishimaru's ブログ

2021.10.18
住宅豆知識

リビングのテレビ、どこに置く?

リビングに置くものと聞いて一番に出てくるのは、『テレビ』ではないでしょうか?リビングにテレビがない家って、あんまり見たことないですよね。

リビングとは切っても切れないテレビだからこそ、どこに置くかが重要になってきます。そこで今回は、リビングのテレビの置き場所について見ていこうと思います。


リビングのテレビ、どこに置く?


テレビの配置って、みなさんどのように決めていますか?

あまり深く考えない方もいらっしゃいますが、置く場所によっては、リビングの使い勝手が悪くなったり、テレビが見にくくなってしまったりしてしまいます。

あとからしまった!となっても、間取り上どうしようもない場合もあります。後悔しないためにも、まずはリビングを作る際に注意することがあるんです。


リビングを作るときに注意すること


家づくりをする際に重要なのが、『動線』です。動線とは、人の動きを線で表したもので、この線の上に無駄なものがなく、うまく繋がっているのが理想とされています。

もちろんリビングも同様に動線は非常に大切です。例えば、リビングを横切る際にテレビの前を通らなくてはいけない間取りだったらどうでしょうか?

ゆっくりテレビを見ているときに毎回毎回目の前を横切られたら、いい気はしないですよね?そのため、リビングをつくる時はTVの前を人が横切らない間取りにするのが重要です。

このように、家は動線の作り方で住みやすくも住みにくくもなってしまうんです。

では次に、テレビの配置について見ていきましょう。


テレビをどこに置くか?


では、テレビはどこに置くのがいいでしょうか?

もちろんこれは、間取りによって置ける位置が様々変わってくるので一概には言えませんが、気を付けたいのは、先ほどお伝えした『テレビの前を通らなくてはいけない間取り』を避けること、『テレビと窓の位置』です。

窓は一般的に南面に設置すると明るくなります。しかし注意したいのは、南面を窓ばかりにしてしまい、北面にしかテレビを設置できない場合です。

南窓からの陽の光は確かに明るくて気持ちがいいですが、その反対側にテレビを置くと、太陽の角度が低い時間帯等に光が反射して見にくくなってしまうんです。

反対に、南面の窓があるほうにテレビを設置する際も、窓の真ん前だったり真下だったりすると、、画面には日光があたりませんが、視線に外光が差し込んでとても見にくくなってしまいます。

このようにテレビは窓の位置に大きく影響を受けてしまいます。

可能であれば東西方面(または窓と対角線上)にテレビを設置するか、難しい場合はカーテンやブラインドで光を遮れるようにしましょう。


理想的なテレビの大きさは?


では次に、理想のテレビの大きさを見ていきましょう。

テレビはただ大きければいいというわけではありません。部屋の大きさによって見やすいテレビの大きさは変わってきます。もっと具体的に言うと、テレビとの距離と高さが見やすさに繋がります。

理想的なテレビとの距離と高さは、一般的に

・32inch ⇒ 距離120㎝:高さ40㎝

・40inch ⇒ 距離150㎝:高さ50㎝

・46inch ⇒ 距離170㎝:高さ55㎝

・52inch ⇒ 距離190㎝:高さ65㎝

・60inch ⇒ 距離220㎝:高さ75㎝

と言われています。

これより近すぎたり高すぎたりすると目や首が疲れてしまいますし、これよりも遠すぎたりすると画面が小さくて寂しく感じてしまいます。

テレビを置く場所と視聴する場所(ソファや椅子など)からの距離と高さをどれだけとることが出来るかで、サイズを決めることが大切です。


コンセントはきちんと設置されているか?


次に大切なのは、コンセント(ここではテレビ線の差込口も含む)が設置したい場所にきちんと設置されているかです。

当然ながら、テレビはコンセントなどの配線が繋げないと見ることができません。テレビを置きたい場所・そして将来移動するかもしれない場所にコンセントを設置しておくことが大切です。

さらにもうひとつ、テレビを壁掛けにしたいと考えているなら、設計の段階で業者さんに必ず伝えておきましょう。

テレビはテレビボードなどを置いて床に設置するため、コンセントとアンテナ線の差込口は床に近い場所に設置します。そのため、『壁掛けにしたい!』という想いを施工前に伝えておかないと、テレビを壁に設置した際にコード類がびよーんと下に伸びているのが丸見えになってしまい、見栄えが悪くなってしまうんです。

さらに、テレビを壁にかけるには壁の中に『下地』が必要です。下地が無い場所にテレビを取り付けると、重さに耐えられずテレビが落ちてくる危険性あります。

こういった失敗を防ぐために、壁掛けテレビにしたいなら、施工前に必ず業者さんに伝えるようにしましょう。


まとめ


以上、リビングのテレビの位置について見てみました。

理想の配置は間取りによって変わるため、ここが正解!とは言い切れませんが、

・テレビの前を通る動線は避ける

・テレビと窓の位置に配慮する

・見やすいテレビのサイズと距離を知る

・コンセントの位置をきちんと決める

この四つに注意すれば、おのずと理想の設置場所が見えてくるはずです。

もちろん、リビングで大切なのはテレビだけではありません。その他の家具家電の配置も、動線を考えたうえで理想の場所に配置していきましょう。

是非、あなた好みのリビングを作る参考にしてみてくださいね。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

福井県坂井市で家を建てるなら、三国町の工務店『石丸ハウスセンター』へ。

注文住宅・新築・リフォームはもちろん、住まいのお困りごともお気軽にご相談下さい。

【ずっと側にいる、という安心。】

徹底した地域密着主義で私たちがお届けするのは、「安心」という価値です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆